野菜ソムリエはテレビや雑誌等でよく目にしますね

みなさんにとって、野菜ソムリエってどのようなものですか? 2000年代後半頃から、テレビや雑誌等でよく「野菜ソムリエ」という言葉を目にするようになってきましたよね。
野菜ソムリエとは、簡単にいえば「野菜版ソムリエ」のことですね。
ソムリエとは、レストラン等でワインをお客に選んであげるナビゲーターのような存在になりますね。
そのため、ワインに対する知識はもちろんでづが、お客がどのようなワインを欲しているのか、どういう性質のワインがおすすめなのかという事を瞬時に見抜いて、判断する力も必要と言われているのです。
このソムリエ自体、1990年代に日本で大きなブームとなって、いろいろなドラマやマンガなどの二次創作でも登場する職業になりました。
そして、そのブームはソムリエから野菜ソムリエへと移行する流れになりました。
野菜ソムリエは、野菜および果物の性質、種類、美味しい食べ方、旬、盛り付け方といういろいろな知識に精通している事を示す資格のことです。
国家が認定する資格というわけではなく、純民間資格です。
「日本野菜ソムリエ協会」という一般社団法人が、野菜ソムリエを認定しています。
その日本野菜ソムリエ協会が主催している養成講座を受けて、さらに試験に合格して野菜ソムリエの資格取得です。
美味しいもの、安いものを...という価値観が大半を占めていた時代から、旬のものや栄養やカロリー等の要素を重視する時代へと変貌しました。
この資格には、それだけの影響力があるのでしょうね。
http://xn--t8j4aa4nsnge4c6967an2h261b0r0a8jkgr9agz0a1v8b.com/