光回線料金は大阪ではどのくらいかかる?

NTTの場合、関東地方は新潟、長野、山梨、神奈川から北の県がNTT東日本の管轄、富山、岐阜、静岡よりも西の県がNTT西日本の管轄になります。
NTT東日本のフレッツ光は1Gbpsの通信速度タイプはギガファミリーやギガマンションというプランなのですが、NTT西日本では「フレッツ光ネクスト隼」と名称が変わります。
同じNTTの光回線なので品質に差はないと思いますが、料金を比較してみますとNTT東日本は戸建ての場合は、通常料金、月額6.
900円(割引適用時5.
700円)です。
一方でNTT西日本では、通常料金が月額5.
400円(この時点で、NTT東日本の割引料金より安い)、これに「Web光もっともっと割」を適用すると月額3.
810円、「どーんと割」を適用すると3.
610円まで安くなります。
さすが関西、商人の町、大阪価格といったところですね。