ETCカード便利

ETC車載器を搭載した自動車が高速道路料金所に設置されているETCレーンに進入した際に無線による通信がおこなわれ、料金所とETC車載器間で高速道路通行料金の精算に必要な「車輌情報」や「ETCカード番号」や「通行料金」などの情報が交換されます。
これらの情報に問題がなければETCレーンの発進制御棒が開き、ETCレーンを通過することができる仕組みとなっています。
また、自動車に搭載するETC車載器にはいくつかの分類が存在し、ハードウェアの形式での分類には「アンテナ分離型」と「アンテナ一体型」に分けられ、ソフトウェアが持つ機能での分類としては、音声を使用して通行料金を案内するタイプとETCカードの入れ忘れをブザーなどの音で知らせるタイプに分類されます。
また、ETC車載器には搭載する車輌の様々な情報を登録することが必要で、この登録がされていないと高速道路のETcレーンの無線通行が利用できない仕組みとなっています。