後発医薬品は、「ジェネリック医薬品」とも呼ばれていますが、ご存知ですか。そこで今回は、その内容について簡単に紹介しましょう。ジェネリック医薬品学会と言う団体がありますよね。これは「ジェネリック医薬品を利用しましょう」と言うことを推進している団体になります。もちろん、一般の人には、どのような後発医薬品があるの分かりませんよ。

次に日本ジェネリック医薬品学会のホームページをちょっとご覧になってください。新薬を飲んでいる人は、その名称を入力するとジェネリック医薬品の検索が出来ますよ。(笑顔)後発医薬品と言う名称は、同じ薬であって、ちょっと効果が劣るような印象を与えますよね。(汗)医学的には、全く同じ効果があります。イメージアップを図るのにジェネリックと言うネーミングになっています。それでは、何故、後発医薬品を推進するのでしょう!?(笑顔)(笑顔)

その分、安く販売することが出来ると言うことです。(笑顔)。医薬品の性質もありますが、おおよそ1年で2千円から3千円の差が出ると考えられています。※もちろん、この金額は、1世帯の金額になります。(笑顔)。後発医薬品の情報については、色々な所に掲載されています。あなたも後発医薬品を考えてみてはどうでしょう!?。

関連ページ